スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)

 ■いまも新鮮 華麗な装飾

 19世紀末ヨーロッパを中心に流行した装飾様式のアールヌーボーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャ(1860〜1939年)。今年で生誕150周年を迎えるのを記念して、東京で展覧会が開かれている。華麗な装飾は、いまも新鮮だ。

 オーストリア帝国の支配下にあったモラビア地方(現チェコ)に生まれ、パリで活躍したミュシャ。有名になる前は、商品の宣伝ポスターや雑誌の挿絵などを制作し、細々と生活していた。そんな折り、当時のパリで活躍した大女優、サラ・ベルナールと出会い、舞台のポスターを手がけたことで時代の寵児(ちょうじ)となった。

 1890年代の一連のポスターは、背景に植物などのモチーフをあしらい、装飾的で華麗。グラフィック・アートで生活できるようになったのも、彼女の芝居のためのポスター「ジスモンダ」などを制作してからだった。1900年に創刊された『明星』にもサラのポスターのデザインが挿絵で使われたほど。世界に広まっていった証しでもある。

 人気者となったミュシャは1900年に開催されたパリ万博に参加。オーストリアなどいくつかの国のパビリオンの内部装飾を手がけ、同時に、モニュメント「人類館」のデザインに参画した。

 ミュシャの構想はエッフェル塔の2階以上を解体して建設しようとしたものだった。有機的な建築に寓意像や翼をつけた巨大な守護神が立つ、奇抜なものだった。実現には至らなかったが、意外な一面を見せている。この下図も本展で展示されている。

 アメリカでの生活を経た後、故郷に戻って活動。代表作となる20点の連作「スラヴ叙事詩」(油彩)を18年もの歳月をかけて完成させ、プラハ市に寄贈した。母国の紙幣や警察官の制服もデザインするなどして幅広く活動した。

 本展は日本の有力コレクターから寄贈を受けた堺市の所蔵品が主な展示品となっている。

 そのほかにも、プラハ国立美術館やオルセー美術館といったミュシャの故郷・チェコや彼が世に出るきっかけとなったフランス国内のあわせて12カ所の美術館から、幅広く作品を集め、ミュシャの全容がわかる内容となっている。

 展覧会ではサラの芝居のためのポスターなどのほか、油彩作品などが展示されている。7月4日まで(月曜休)、三鷹市美術ギャラリーで開催中。

人事制度のないあの会社は、今どうなっているか(Business Media 誠)
首相補佐官に阿久津、寺田氏=逢坂、小川氏は再任(時事通信)
<ペット>葬祭業者を登録制に 動物愛護法改正で環境省方針(毎日新聞)
サムライ in NY 米ニューヨーク「ジャパン・デー」(産経新聞)
所信表明日程を協議=与野党国対委員長(時事通信)

「鬼門」に就任の山田農相、牧場経営の経験あり(読売新聞)

 8日に発足した菅内閣は再任が11人と、新鮮味に乏しい顔ぶれとなったが、初入閣組を中心に注目される閣僚もいる。

 自民党政権時代から引責辞任などが相次ぐ「鬼門」の農相は、副大臣だった山田正彦氏(68)に。

 牧場経営の経験があり、宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題では現地対策本部長を務めた。飼育する牛約300頭の殺処分を待つ同県木城町の篠原邦光さん(59)は「最初は恨んだが、現場を知る人だから良かったと思う」と期待をのぞかせる。

 ただ、農政分野に自信があるだけに「独断で政策を進める面もある」(農水省幹部)と懸念の声も出ている。

 山田氏は8日に首相官邸で行われた就任記者会見で、「口蹄疫の問題では本来なら私も、(赤松前農相とともに)共同責任があると思っていますが、総理から収束に向けて頑張ってほしいと言われ、引き受けさせていただいた」と語った。

 蓮舫行政刷新相(42)は、台湾出身の父を持ち、東京で生まれ育った。キャンペーンガールやニュースキャスターを経て、2004年から参院議員になり、13歳の双子の母親でもある。

 鳩山内閣の下で「事業仕分け」の仕分け人を務め、次世代スーパーコンピューター開発について「(世界で)2位じゃだめなんでしょうか」と追及して科学界の反発を受けた。事業仕分けの担当大臣となり、真価が問われることになる。官邸での会見では、「自分が仕分け人として仕分けたものを一つの形にしていくことが任務だと思う」と抱負を話した。

 再任の千葉景子法相(62)は、昨年9月からの在任中、死刑執行がなかった。大臣就任前は「死刑廃止を推進する議員連盟」のメンバーで、執行には慎重な立場だ。死刑確定者が徐々に増えて109人に上る中で、執行に踏み切るかどうかが焦点となる。

<震度速報>気象庁から速報されず(毎日新聞)
高速3社の会長、社長退任へ=天下り禁止推進で―国交省(時事通信)
<ポルシェパレード2010>全国から愛好家が集まり「聖地」を走行(毎日新聞)
【アートカレンダー】「今津景フラッシュ」東京・白金・山本現代(産経新聞)
菅新内閣に期待57% 本社・FNN合同世論調査(産経新聞)

たちあがれ、片山虎之助氏らの公認発表(産経新聞)

 たちあがれ日本は26日、今夏の参院選比例代表に片山虎之助元総務相(74)を公認することを発表した。このほか、茨城選挙区に元衆院議員秘書、吉田理江(44)、東京選挙区に弁護士、小倉麻子(31)の両氏を擁立することも決めた。

【関連記事】
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ
赤松農水相の不信任案、自公共同提出で一致
ここにきて「野党共闘」!? 「退席」で共同歩調
たちあがれ日本、2人を追加公認
郵政法案審議入り、夜にずれ込む
虐待が子供に与える「傷」とは?

<野党4党>衆院総務委員長の解任決議案を提出 強行採決で(毎日新聞)
「男性切られた」と110番=被害者死亡、殺人未遂で男逮捕―大阪府警(時事通信)
徳之島は「日常的訓練」=普天間移設、本土より高頻度想定―官房長官(時事通信)
<都条例>性的漫画の販売規制…改正案否決の公算大(毎日新聞)
「赤い靴」の女の子像完成…異人さんの国へ贈呈(読売新聞)

福島氏、訪沖「社民党党首として」強調(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は25日の記者会見で、同日午後に沖縄県を訪問し仲井真弘多知事らと会談することについて「社民党党首としてきっちり意見交換をしてくる。それは今、とても必要なことだ」と述べ、党首としての立場を強調した。また「現地の思いをどう私たちが真の意味で政治の場面で生かすことができるのか、むしろ意見や知恵も借りたいと思う。その貴重な機会になる」と述べ、今回の沖縄訪問で県内移設に対する反対意見の集約も視野に入れていることを明かした。

【関連記事】
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」
福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」
鳩山首相、普天間合意「現行案に戻っていない」
福島氏への不信任案検討 自民・川崎氏
自民党立て直しへ政策集団 東北の落選議員4人が「志士の会」
虐待が子供に与える「傷」とは?

あかつき打ち上げ 地球の姉妹星探る 大気成分、風向きなど明らかに(産経新聞)
<東北大>論文データ転用で助教の解雇は無効 仙台地裁(毎日新聞)
普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」(産経新聞)
石垣市長、小田原市長の所信表明演説を引用(読売新聞)
<子供服訴訟>小室哲哉氏側に未払い金支払い命令(毎日新聞)

大阪ガス子会社で数億円流出か 元社員に背任容疑 府警が捜査(産経新聞)

 大阪ガスのIT関連子会社「オージス総研」(大阪市西区)の元社員が在職中、会社の資金を不正に流出させていた疑いのあることが13日、会社関係者の話で分かった。大阪府警捜査2課は会社からの刑事告訴を受け、背任容疑で本格捜査。元社員がかかわった取引の全容解明を進めている。

 捜査関係者によると、元社員は平成20年までの間、架空取引で売り上げを計上するなど、オージス総研に損害を与えた疑いがあり、不正に流出させた金額は数億円に上るという。内部調査で発覚し、同社は20年1月に元社員を懲戒解雇処分にするとともに、府警に刑事告訴していた。

 オージス総研側は産経新聞の取材に対し、「警察の捜査に委ねているので詳細は差し控えたい。不正に関与したのは元社員1人で、決算はすでに適正に処理している」と話している。

 民間信用調査機関によると、オージス総研は大阪ガスの子会社で、情報処理サービスやシステム開発を手掛けている。資本金は4億円で、21年3月期の売上高は約281億円。

【関連記事】
広ガス子会社元社長が自殺か 架空取引で引責
「富士ソフト」元社員を背任で逮捕 社名でPC仕入れ転売
架空取引で佐川急便から詐取 計1億6000万円か
Kiss−FM、6億円粉飾か 旧経営陣に損賠提訴へ
政治とカネ 企業なら「知らない」で済まない

羽根が先勝=囲碁本因坊戦(時事通信)
諫早湾開門求め海上パレード=有明海沿岸4県の漁業者ら―長崎(時事通信)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
青木氏不出馬を確認=自民・細田氏(時事通信)
人VSカラス、最終局面? 都、大規模営巣地で一斉撤去へ(産経新聞)

<地震>東京で震度3=午後1時33分(毎日新聞)

 9日午後1時33分ごろ、東京都で震度3の地震があった。気象庁によると震源地は東京都23区で、震源の深さは約40キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.0と推定される。なお、この地震による津波の心配はないという。

【関連ニュース】
地震:新潟県で震度4=午後6時20分
地震:群馬・高崎などで震度3=午後7時33分
地震:茨城・常陸太田などで震度3=午前7時21分
地震:岩手、宮城で震度3=午前6時23分
地震:和歌山市などで震度2

放鳥トキの産卵確認=一度やめたペア−環境省(時事通信)
EUが京都議定書延長提案、環境相は拒否の意向(読売新聞)
NPT会議 紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
強盗 1億3500万円入りバッグ奪われる…千葉・木更津(毎日新聞)
両陛下が学童クラブをご訪問(産経新聞)

<普天間移設>徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場移設問題を巡り、平野博文官房長官が19日、鳩山由紀夫首相の移設候補地訪問の可能性に言及したことについて、候補地に挙がる鹿児島県・徳之島3町のうち大久(おおひさ)幸助・天城町長と大久保明・伊仙町長は、仮に鳩山首相が来訪しても面会を拒否する意向を示した。

 大久町長は「移設反対の民意があり、会うわけにはいかない。もう反対の火は消せない」と面会意思がないことを強調。大久保町長も「18日の集会に1万5000人も集まった。これほど強い民意はない。会う必要はないし、会っても結論は変わらない」と語った。

 高岡秀規・徳之島町長は面会については態度を保留したが「民意は反対とはっきりしている」と、徳之島移設断念を政府に求める。

 また反対派の「徳之島の自然と平和を考える会」の椛山幸栄(かばやまこうえい)会長は「集会では最大の反対意思を表明した。その意思を貫き、町長を支えていく」と話した。【村尾哲】

【関連ニュース】
普天間移設:「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連
普天間移設:民主県連が「徳之島」撤回要請へ
普天間移設:「一つの民意」反対集会に首相
普天間移設:「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会
普天間移設:徳之島で反対集会 1万5000人が参加

明石事故、真実の解明望む遺族…元副署長起訴へ(読売新聞)
自立支援法訴訟 東京地裁でも和解成立 一連の14件終結(毎日新聞)
外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相(医療介護CBニュース)
投票率1けた、総務省「聞いたことがない」(読売新聞)
裁判員制度は合憲…殺人事件で東京高裁判決(読売新聞)

官房長官、高速上限制度反対は「理解に苦しむ」(産経新聞)

 平野博文官房長官は16日午前の記者会見で、政府が国会提出している高速道路上限制度の関連法案に関連し「政策会議を行って議論しており(法案を)通すとか、通さないという議論は理解に苦しむ」と述べ、政府案の成立を目指す考えを強調した。

 法案をめぐっては、衆院国土交通委員長を務める民主党の川内博史氏が「委員会を通さない」と反対している。

【関連記事】
橋下知事が阪神高速の料金変更に「自公政権よりひどい」と批判
高速無料化の経済効果は1500億円 馬淵副大臣が発表
高速実質値上げ 詐欺も同然の公約違反だ
高速料金上限 休日1000円→毎日2000円に 
平日長距離お得感も「実質値上げだ」 高速道新料金、批判の声
外国人地方参政権問題に一石

夫刺し車に飛び込む=妻が意識不明−東京(時事通信)
<寛仁親王殿下>5月にトルコ公式訪問へ(毎日新聞)
虚偽の人事情報で百万円受領、厚労省室長を懲戒処分に(医療介護CBニュース)
参院で議員控室交換の引っ越し始まる(産経新聞)
和牛3頭、口蹄疫に感染=国内で10年ぶり−宮崎県(時事通信)

普天間 「26年移設、遅れも」 平野長官が見通し(産経新聞)

 平野博文官房長官は12日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の代替施設建設を平成26年までに完了するとの日米合意について「政権交代していろいろなプロセスを経ており、多少の遅れはあるかもしれない」との見通しを示した。

 移設先とされる沖縄県などの地元自治体が反対しているうえ、米側が移設に関する実務者協議を拒否しており、鳩山由紀夫首相が目指す5月末までの決着が極めて困難になったためだ。

 平野氏は普天間返還を含めた在日米軍再編のロードマップ(行程表)については「基本的な考え方を変える理屈はない。それに沿ってやっている」と述べた。

 移設問題をめぐって、政府は今週から米側との実務者協議に入る考えだった。しかし、ルース駐日米大使は9日、岡田克也外相に対し、日本側が想定する移設先について地元の同意が得られていないことを理由に協議に応じないと伝えた。

 平野氏は会見でこの点について「(米側が)拒否したわけではなく、当面は大使と外相のラインでやり取りすることになった」と説明した。もっとも、実務者協議が見送りになったことは「日本側が想定する移設先について、米側が求める軍事的な仕様を満たすかを確認できなくなる」(防衛省幹部)ことを意味する。

 また、平野氏は12日、沖縄県議会の高嶺善伸議長と会談し「県外(移設)を軸に県民の負担を軽減し(普天間の)危険性を除去する考えの下で動いている」と述べ、普天間の基地機能を可能な限り徳之島(鹿児島県)など県外に分散移転させる考えを示した。

 高嶺氏は米自治領北マリアナ連邦のサイパン、テニアン両島への移設を求めたが、平野氏は「現時点では難しい」と否定的な見解を示した。

<村本さん死亡>死の直前の撮影映像を配信 ロイター通信(毎日新聞)
空自の緊急発進、昨年度299回=ミサイル発射前後の北朝鮮機に8回(時事通信)
後半国会は大荒れか 小沢氏2法案の行方は?(産経新聞)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)
火山噴火 降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)

現金給付の見直し検討=子ども手当−古川国家戦略室長(時事通信)

 古川元久内閣府副大臣(国家戦略室長)は11日、NHKの番組に出演し、2011年度からの子ども手当の満額(1人当たり月額2万6000円)支給に関連し、「現物給付の方がいいという声も踏まえて議論したい」と述べ、一部を学校給食費や保育所サービスなどの形で給付することを検討する方針を示した。
 古川副大臣は夏の参院選に向けたマニフェスト(政権公約)策定作業に関し、「現実の財源問題の中で柔軟に考えていくことは(政府と民主党の)マニフェスト企画委員会などでもほぼ一致した認識だ」と指摘。昨年の衆院選で掲げた公約の実施方法や時期について、見直しを進める意向を示した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

女児虐待死は育児放棄か、去年から体重減少(読売新聞)
3邦人死刑に懸念=社国幹事長(時事通信)
阿久根市長「中身ない判決、裁判官は見下してる」(読売新聞)
<沖縄返還文書訴訟>岡田外相「控訴の可能性」(毎日新聞)
<動物死骸>埼玉のペット葬儀業者逮捕へ 不法投棄の疑い(毎日新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
ブラック キャッシング OK
債務整理
即日現金化
クレジットカード現金化
無料ホームページ
探偵社
クレジットカード現金化
アフィリエイト ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    がっちゃん (06/18)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    志波康之 (01/17)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    桃医 (01/11)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    オリンキー (01/04)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    サキューン (12/30)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    ナーマソフト (12/26)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    夜沢課長 (12/07)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    ちんたまん (12/03)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    機関棒 (11/24)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM