スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


退職勧奨で新たな仕組み=公務員人件費削減へ−仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は7日、国家公務員の総人件費削減や、中央省庁の人事の停滞を防ぐため、退職勧奨を行いやすくするための仕組みを検討する考えを明らかにした。また、新規採用を抑制していく意向も示した。
 仙谷氏は同日のテレビ朝日の番組で、「(国家公務員への)退職勧奨あるいは転職勧奨は行わざるを得ない」と強調。さらに「新規採用で今の人数が果たして妥当かどうか。こんなには要らないと思っている」と語った。
 退職勧奨では、定年前の退職者に退職金を加算したり、民間の転職紹介会社を活用したりすることで、勧奨に応じやすくする案を検討している。1年程度かけて具体策をまとめる方針だ。 

【関連ニュース】
公務員の7月人事「延期も」=内閣人事局設置遅れた場合
内閣人事局
突貫作業、基本権先送り=野党「偽装改革」と批判
「隠れ天下り」ポスト廃止へ=独法と特殊法人の嘱託職員
内閣人事局、4月に新設=公務員法改正案を決定

田原氏発言、配慮欠き不適切=さらなる謝罪放送は求めず−BPO(時事通信)
性犯罪前歴者、出所後の所在不明1割(読売新聞)
乗用車同士が正面衝突=高齢夫婦ら3人重体−京都(時事通信)
厚労省が「全面禁煙」通知も…「実効性に疑問」「禁煙は世界の流れ」 (産経新聞)
ランの一瞬の美、写真で切り取る 資生堂名誉会長・福原氏写真展(産経新聞)

安来のキャラ「あらエッサくん」結婚!?(読売新聞)

 島根県安来市のマスコットキャラクター「あらエッサくん」が結婚!?――。

 同市観光協会などは、土産物店で商品に張ってもらうなどして知名度アップに役立てようと、あらエッサくんをあしらったシールを作った。

 同市は漫画家・水木しげるさん(87)の妻布枝さん(78)の出身地。夫婦仲の良さが評判の二人にあやかろうと、あらエッサくんは小学3年生の設定だが、結婚式をイメージしたデザインになっている。

 シールは大(縦6センチ、横8センチ)と小(縦3センチ、横4センチ)の2種類。紋付き・はかまで正装したあらエッサくんの隣には、花嫁姿の女の子が並んでいる。あらエッサくんの生みの親で、市職員の石田行生さん(58)が今回もデザインを担当し、約20万円かけ、それぞれ約10万枚と2万枚作成した。

 水木さん夫婦をモデルにしたテレビドラマ「ゲゲゲの女房」も間もなく放送開始。シールにも「『ゲゲゲの女房』のふるさと」などとプリントしてアピールしている。

 市観光協会は「布枝さんの出身地であることをPRして、さらなる観光客増につなげたい」。

元IBM営業マンが手を染めた禁断の“赤黒転換”(産経新聞)
サイバー攻撃に無防備、193自治体(読売新聞)
鳩山・小沢会談 疑惑隠しに献金カード(産経新聞)
「子会社の方が高給」=独法への天下り精査−行政刷新相(時事通信)
殺害の報酬?自衛官の妻、男に数千万円渡す(読売新聞)

上司と共謀、生活保護費詐取=450万円、元運転手逮捕−大阪地検(時事通信)

 給与収入があるのに生活保護費を受給したとして、大阪地検は4日、詐欺容疑で元トラック運転手八木寿一容疑者(59)と、勤務先だった運送会社役員阿路川宏容疑者(50)を逮捕した。地検によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、共謀して八木容疑者がこの運送会社で働いていることを隠し、2007年3月から昨年11月まで、大阪府和泉市から生活保護費約450万円を詐取した疑い。
 地検によると、八木容疑者は昨年9月にスピード違反などで現行犯逮捕された。その後の捜査で、給料が同容疑者の親族名義の口座に振り込まれていたことが分かり、阿路川容疑者の関与が発覚したという。 

【関連ニュース】
カード詐欺容疑で中国人逮捕=組織トップからの伝達役か
教材販売会社社長ら5人逮捕=内職あっせん名目で詐取
生活保護受給者、180万人超に=厚労省
「金地金買った」と詐欺=計1560万相当被害か
上田容疑者を午後再逮捕=トラック運転手強殺容疑

鳩山首相「原子力はCO2減らすために不可欠」(産経新聞)
インフルでの入院、6週連続で減少(医療介護CBニュース)
愛子さまが通学せず=学校生活、不安訴え−宮内庁(時事通信)
エスカレーター歩くなキケン!! 全国の地下鉄、禁止呼びかけ 転倒事故相次ぐ(産経新聞)
島田雅彦氏・小川洋子氏ら育てる、寺田博氏死去(読売新聞)

小中学生がひったくり=容疑で逮捕「遊ぶ金欲しく」−大阪府警(時事通信)

 1日午後1時40分ごろ、大阪府忠岡町の路上で、無職女性(72)がハンドバッグをひったくられたと近所の住民から110番があった。府警泉大津署員が被害女性の目撃証言に似た少年を見つけて職務質問。容疑を認めたため、窃盗容疑で岸和田市に住む中学2年の男子生徒(14)ら2人を逮捕した。
 このほか、小学6年の男子児童(12)ら2人を補導した。
 同署によると、中学生らは調べに対し「遊ぶ金が欲しかった。ほかにも数件やった」と話している。少年らは女性の後方から自転車で近づき、現金約6000円が入ったハンドバッグを盗んだという。 

【関連ニュース】
男児の裸撮影、保育士逮捕=「好奇心から」と供述
自動車盗で再逮捕=ブラジル人の男4人
元郵便局社員の女を逮捕=貯金解約、総額2億円か
公判中の男2人に逮捕状=神戸の貴金属強盗
同乗者3人、不起訴で検討=運転手は起訴へ、名古屋ひき逃げ

児童ポルノ流出 開業医逮捕(産経新聞)
立川の居酒屋で店員殴り40万円奪う(産経新聞)
北教組幹部逮捕 鳩山首相が公立校教職員への罰則検討指示(産経新聞)
【25%の危機】(上)迷走する国民不在の論議(産経新聞)
ホッキョクグマ 15万年前に祖先 地球環境の激変に適用(毎日新聞)

「学校行きたくない…皆が敵に見える」いじめほのめかし中2女子生徒が自殺(産経新聞)

 東京都清瀬市の市立中学校2年の女子生徒(14)が先月15日、いじめをほのめかす遺書を残し、自宅マンションから飛び降り自殺していたことが3日、同市教育委員会などへの取材で分かった。市教委や学校で事実関係を調べている。

 市教委や警視庁東村山署によると、女子生徒は先月15日午前8時10分ごろ、自宅マンション前の路上で制服姿で倒れているのを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。遺書の内容などから、女子生徒はマンション7階から飛び降りたとみられる。

 市教委によると、遺書は先月26日に生徒の親が発見。B5のルーズリーフ1枚を破り取ったものに「もう私は死にたい」「学校なんか行きたくない 皆が敵に見えるから」などと手書きされ、いじめを訴える内容もつづられていた。

 学校によると、女子生徒は自殺直前も変わった様子は見られなかったという。学校は今月1日、保護者会を開き、状況を説明したほか、担任や同級生らから事情を聴いているが、これまでにいじめの事実は確認されていないという。

 市教委教育部の池田和彦参事は「中学2年生が自殺するのは、よほどのことがあったと考えられる。いじめの可能性も含め慎重に調べていく」と話している。

 市教委が公開した女子生徒の遺書は次の通り。

 死にたい…

 こんな社会に生きていても 何も得しない

 もう 私は死にたい 学校なんか行きたくない 皆が敵に見えるから

 学校にいる時間 私には苦痛を感じる 2/12(金)は私の命日になることを祝ります。(原文ママ)

 (中略)

 お父さん お母さん ごめんなさい

 さようなら

【関連記事】
北海道・滝川いじめ訴訟が和解合意 道と市の「謝罪」盛り込む
群馬県立全高に“裏サイト” 県教委調査中間報告
大人の世界のいじめもコワイ フジ「泣かないと決めた日」
死ぬのをやめた体験記録 『生きテク』反響どこまで
子供の暴力76件増 意思疎通能力が低下 20年度調査 栃木

COP10名誉大使にMISIAさん=国連(時事通信)
「学校行きたくない…皆が敵に見える」いじめほのめかし中2女子生徒が自殺(産経新聞)
火災 団地の1室全焼2人死亡  山梨・南アルプス(毎日新聞)
人件費の扱い、優遇拡充を=法人税で仙谷戦略相(時事通信)
津波警報、高知県のみに(時事通信)

普天間移設 国民新、県内移設2案を決定(産経新聞)

 国民新党は3日昼の幹部会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合と、米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)での滑走路建設−の党独自の県内移設2案を正式決定した。

 両案とも暫定措置と位置づけ、移設から15年後に沖縄駐留の米海兵隊の完全撤退を目指す。沖縄の負担軽減策としては、海上自衛隊大村航空基地(長崎県)や陸上自衛隊東富士演習場(静岡県)、関西空港(大阪府)やグアムなどに訓練機能を分散させる。

 普天間は即時返還とせず、10年間は閉鎖状態として原状回復を図りつつ、有事には基地として活用する方針。

【関連記事】
「もはや日本は極ではない」 鳩山内閣は日米同盟を守れるのか
鳩山首相「小沢氏と疎遠じゃないと示すこと大事」
社民、キャンプ・シュワブ陸上部隊の同時移設も提示へ 普天間移設で
普天間 国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」
「米国は逃げ足速い」 防衛政務官が県外・国外移設派を牽制
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

米国務副長官、4日に来日(時事通信)
「不当な差別」と朝鮮学校側=無償化除外で会見(時事通信)
“夢の原子炉”もんじゅ14年ぶり再開へ 機構が福井県に協議願い(産経新聞)
山本病院理事長、手術の際に結紮処置をせず 地検、刑事処分を決定へ(産経新聞)
自民が審議拒否、小沢氏は国会招致明言避ける(読売新聞)

出産費用の公的保険直接支払い、完全実施見送り(読売新聞)

 厚生労働省は24日、出産費用を公的負担で医療機関に直接支払う制度について、4月の完全実施を見送る方針を固めた。

 一部の医療機関に3月末まで認めていた導入猶予期間を再度延長し、さらに半年以上認める方向で調整する。

 昨年10月に始まった同制度では、健康保険組合などの公的医療保険から出産育児一時金(42万円)が医療機関に直接支払われるようになり、妊婦らは出産費用を用意しなくてもよくなった。当初は、医療機関も患者の未払いに悩まされなくなる利点があるとされた。

 ただ、支払いに1〜2か月かかり、医療機関側から「資金繰りが悪化する」との懸念が寄せられたため、厚労省は妊婦と合意文書を交わすなどした医療機関に限って、3月末まで半年間の導入猶予を認めていた。

<大津波・津波警報>東京都・南鳥島で10センチの津波観測(毎日新聞)
元警察官、発砲受け負傷=帰宅時に襲われる−福岡(時事通信)
500系のぞみラストラン、「撮り鉄」対策で警備強化 28日にJR(産経新聞)
強盗に「包丁置きなさい」 コンビニ店員一喝 吹田、容疑の女逮捕(産経新聞)
京浜東北線と山手線外回り、一時運転見合わせ(読売新聞)

ボールペン型カメラでスカート内盗撮 容疑の3等陸曹を逮捕 (産経新聞)

 女性のスカート内を盗撮したとして、陸上自衛隊通信団の市ケ谷駐屯地に所属する男性3等陸曹(26)が、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で昨年12月に逮捕されていたことが25日、警視庁新宿署などへの取材で分かった。陸曹はすでに釈放され、罰金40万円の略式命令を受けている。

 逮捕容疑は、昨年12月2日午後2時ごろ、新宿区内のコンビニで、近くにいた女性のスカートの中をボールペン型カメラを使って盗撮したとしている。

 陸自東部方面総監部によると、陸曹は内部調査に「欲求を満たすためにやった。同様の行為を100回以上やった」と説明。この日は非番で、映画を見るために1人で新宿へ行っていたという。

 陸自は今月24日付で陸曹を停職38日の処分としたが、陸曹は依願退職の意向を示している。

【関連記事】
3月定年前に…駅でスカート内を盗撮、北海道警警視を逮捕
女性のスカートの中を盗撮の大阪・鶴見署の元巡査を送検
勤務先で多発、子供が大半…浮かび上がる教員のわいせつ行為
タイガータウン緊迫…スタンドで盗撮騒動
警官夫婦が地下鉄での盗撮を目撃 容疑の男逮捕

エルニーニョを1年前から予測=インド洋水温を利用−海洋機構など(時事通信)
【追悼】ディック・フランシス 文芸評論家・池上冬樹(産経新聞)
市民公益税制の議論加速へ=「今国会中にも」−仙谷担当相(時事通信)
普天間移設問題 「県外」要求意見書 沖縄県議会が可決(産経新聞)
政治とカネ 企業なら「知らない」で済まない(産経新聞)

朝鮮学校除外「一つの考え」=高校無償化で首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は25日夕、朝鮮学校を高校無償化の対象外とすべきだとの中井洽拉致問題担当相の主張について「その考え方は一つあると思う」と国会内で記者団に述べた。 

またも「銀行協会」詐欺 キャッシュカード手渡す(産経新聞)
<学校事故>埼玉で児童13人搬送 一酸化炭素中毒の症状(毎日新聞)
広島市「黒い雨」模擬実験、降雨地域を解明へ(読売新聞)
義理の娘陳述へ 事故裁判で被害者参加(産経新聞)
<漢検>鬼追理事長、3月末で退任へ(毎日新聞)

<iPS細胞>遺伝子やウイルス使わずに作成 米大が成功(毎日新聞)

 遺伝子やウイルスを使わずに医薬品を投与して、がん細胞のもとからヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ることに、米ハーバード大の森口尚史研究員らが成功した。医薬品の投与のみで作成したのは初めて。ウイルスが細胞内にある遺伝子を傷つけるなどの弊害を回避できる可能性がある。23日、東京都で開催中の国際会議で発表した。また、大学は特許出願の手続きを始めた。

 iPS細胞はさまざまな細胞になるが、がん化が課題になっている。チームはその仕組みを探る一環で、肝がん細胞の元である「肝がん幹細胞」に、2種類の抗がん剤の新薬候補物質を加えたところ、2日後にはほぼ正常な肝細胞に変化することに気付いた。

 また、この肝細胞に、山中伸弥・京都大教授が発見した遺伝子の働きを活性化させる別の抗がん剤4種類を4日間投与すると、2週間後にiPS細胞ができることを発見した。

 元の肝がん幹細胞は多くの染色体に異常があったが、iPS細胞になるとすべて正常化し、iPS細胞と同じように分化することも確かめた。肝がん幹細胞を肝細胞に戻した方法を応用すると、新しいがん治療薬の開発につながる可能性があるという。

 遺伝子などを使わないヒトiPS細胞作成法としては、米国の別チームが、山中教授が発見した遺伝子が作るたんぱく質を体外で作り、細胞内に入れる方法で報告している。【奥野敦史、須田桃子】

【関連ニュース】
iPS細胞:米ベンチャーが関連特許取得
iPS細胞:難病患者の皮膚から作成 テロメアを修復
iPS細胞:米ベンチャーが作成特許…海外で初の取得
神経細胞:皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国
iPS細胞:作成技術で長寿に? 米チーム、老化にかかわるテロメア修復

難病対策の抜本的改革に着手―難病対策委(医療介護CBニュース)
<地震>東京、千葉、神奈川で震度3=17日午前4時59分(毎日新聞)
<中部国際空港>シンガポール航空機が立ち往生…けが人なし(毎日新聞)
民主党 小沢幹事長と菅副総理 囲碁対決実現に政界が注目(毎日新聞)
<ガス田開発>中国強行なら提訴…政府、新対処方針伝える(毎日新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
ブラック キャッシング OK
債務整理
即日現金化
クレジットカード現金化
無料ホームページ
探偵社
クレジットカード現金化
アフィリエイト ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    がっちゃん (06/18)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    志波康之 (01/17)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    桃医 (01/11)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    オリンキー (01/04)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    サキューン (12/30)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    ナーマソフト (12/26)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    夜沢課長 (12/07)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    ちんたまん (12/03)
  • アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
    機関棒 (11/24)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM